女性 の 起業 ・ 独立 の 無料相談 、女性起業家支援 ドットコム/ 女性 の 起業 に関する 無料相談 受付中!
問合せ サイトマップ

Q&A

Q 会社を設立するに当たって、決めなければならないことには何がありますか?

A 商号、目的、本店所在地、株主、役員等、多くのことがあります。

会社設立コンサル付きパックにお申し込みいただければ、上記を決めるに当たって、事業プランや節税、資金調達、人事までを意識した起業コンサルティングもご提供いたします。

Q 売上げが少ないうちは、経理などにお金を掛けられません。良い方法はありますでしょうか?

A 起業家の負担にならないように、目一杯努力させていただきます。

売上げが少ないうちは経理代行等の料金も少なく済むように設計した「せつやく起業応援プラン」をご用意しています。
お気軽にお問い合わせください。

Q 起業する人であれば誰でも助成金の受給を申請することができますか?

A 厚生労働省が管轄している助成金は雇用保険の保険料を財源としていますので、受給するために人を雇い入れること(=雇用保険の適用事業所となること)が必要です。
一人で事業をやる方は、対象となりません。

他にも、助成金によって、事業主となる方、雇い入れられる方、そのほか、さまざまな要件があります。

Q 起業するためにすぐにお金が必要です。助成金は起業したらすぐもらうことができますか?

A 助成金は実際に発生した費用の一部を助成しますので、使う前にお金をもらうことはできません。
ほとんどの助成金は、計画を提出し、それを実行した上で支給申請を行ない、さらに審査を経て入金されますので、実際の入金は起業してから数か月後となります。

Q ホームページを作る際のポイントは?

A ホームページを見ると、いまだに”ただ作った”ところが多い気がします。

ホームページは現在では「会社の顔」だと思ってください。
会社の顔、、、要するに名刺や会社案内と同じだということです。

そしてもう一つ。
ホームページは、しっかりと活用すれば広報マン、営業マンとして活躍してくれるということです。

大事なポイントは、
・目的を明確にして
・目的を達成するためのコンテンツを考える

そして最後に、
絶対に業者に丸投げはしないでください。明確なイメージができるまで、時間をかけて業者と一緒に考えてください。

Q 起業時からIT活用が必要な理由は?

A ”ITはあとまわし”、”ITは難しいシステム”とか”お金を多くかけないとできないもの”とみているようですが、簡単に言ってしまえばITはただの道具です。

例えば月刊誌に広告をだそうとすると1回あたり数万円から数十万円かかります。たった1回です。
しかしホームページは一度数十万円かけて制作すれば以降ずっと広告として活用できます。

よく、”情報活用 = システムの導入” ととらわれがちですが、そうではありません。

人ができることで、手間がかかることをコンピュータにまかせることで、他のことに注力でき、結果として効率もあがります。

ITと言ってもなるべくコストをかけずにできる方法もありますし、ある程度の期間でじっくり構築していくという方法もあります。

情報」は起業したばかりの企業でも活用できる武器です。
「ヒト」「モノ」「カネ」だけでは生き残れない時代とも言われています。

起業時に多くのお金をかけてITを導入する必要はないと思います。
しかし、情報の収集、および情報の発信をするITは武器をより強いものにするためにも必要です。
だからこそ起業時から取り組む必要があります。